走るということ。

Trail Running & City Running as a LifeStyle

第7回白馬国際トレイルラン 大会録 その1

第7回白馬国際トレイルラン参加し、無事完走してきました。

ロング51Kで29歳以下6位(^^)

 

f:id:hama78taka:20170915174739j:plain

そして記録より何より、やっぱり白馬は最高の大会だった!!

ということで大会録その1では、

いきなりですが良かった点のまとめを書こうと思います。

 

まずはその前に基本情報

大会名:第7回白馬国際トレイルラン

日付:2017/9/10(日

距離:

ロング距離51km, 累積標高2779m(+)

ミドル(距離36km, 累積標高1761m(+))

ショート(距離22km, 累積標高1017m(+))

ファミリー(距離5km, 累積標高193m(+))

サークルからの参加人数:21人!

 

f:id:hama78taka:20170915175202j:plain

(ここにいる人だけで半分も行かないw)

こっから良いとこまとめです。

 

 

1) 何と言っても雰囲気が最高!

f:id:hama78taka:20170915175404j:plain

言ってしまえば、白馬の良さはこれに尽きるかもしれません。

 

北アルプスや八方尾根の絶景の中走れて、

前夜祭やスタートの雰囲気もいいし、

中学生や小学生がみんなで応援してくれる雰囲気もいいし、

山から降りるとブブゼラがなっていて帰ってきたなという雰囲気もいいし、

ゴール前200mで村の人の大歓声を浴びながら駆け抜けるのも最高である。

 

www.youtube.com

上の動画は大会公式の動画で、感動の最終ランナーのシーン。

 こんな感じで雰囲気の良さを伝える動画や写真を、人員を多く割いて撮影していて、

それが素早くアップされるのも本当に素晴らしいと思います。

雰囲気の良さこそが、白馬の人気の原点だなあと。

 

2) 悪いとこがない

これって本当に難しいけど、それを体現している大会だと思う。

例えば、エイドでもスポドリがない大会もあってそれは全然いいと思うけど、

白馬はクエン酸入りのスポドリも、普通のアクエリアスもある。

大会結果も、なかなか出ない大会もあるけど、白馬は素早くFacebookにアップする。

細かい大会運営の体制が本当に整った大会だなあと思います。

だからこそ、1)の雰囲気の良さも活きてくるんだよなあ。

 日本のトレイルの良さの一つはこういうきめ細やかなとこなのかもしれません。

 

3) 4つの距離設定

5,20,35,50 という4つの距離設定が、

ホノマラのようなグループで行くのにとても行きやすい!

初心者にも中級者にも楽しんでもらう配慮のされた距離設定だと思います。

もっと長い距離望む人もいるだろうが、そういう人は別の大会出ればいいかと。

複数人で行くとロングの人が速ければミドルの人と遭遇でき、それも良かったです。

(複数距離が交錯すると良くないと言う意見ももちろんあると思いますが)

 

f:id:hama78taka:20170915180742j:plain

*1

 

4) 危ない箇所が少ない

今まで出たトレイルで一番危ない箇所が少ないんじゃないか、という印象でした。

ちょっと刺激が足りないくらい。

実際には先月の槍ヶ岳縦走補正で危険の感覚が麻痺してるのかもしれないけどw

とはいえ、かなり安全に走れる部類の大会であることは間違いなく、

トレイル初参加の人にとてもいい大会だったと思います!

 

5) 走れる箇所が多い

比率で言うと特にロングがそうですが、走れるところがかなり多いんですよねー

かと言って自分が全部走れる訳ではないのが悔しいとこではあるのですが^^;

前半の28キロ地点までの8-9割くらい、と中盤以降の大きな山2つの登り以外は、

走力があれば全部しっかり走れるとこだと思いました。

降りも怖さを感じる急な斜度の箇所はなく、走りやすかったですね。

ロード出身のホノマラの走力ある人が走れば、

29歳以下ではバンバン入賞すると思います。

 

6) 使いやすい参加賞

今年の白馬の参加賞、個人的にはとても良かったです。

洗練されたデザインで、普段使いもできそうな感じのTシャツ

f:id:hama78taka:20170915182026j:plain

生地はマラソン用のなので、走りでも普段着でも寝巻きでもいけそうです。

 

トートバッグも普段使いしやすい色で、早速大学や職場にこれで行くこともあります。

f:id:hama78taka:20170915182051j:plain

他の大会も是非「使いやすさ」にこだわった参加賞にしてくれると良いですね!

 

以上、白馬の良いところまとめでした。

 

その2はレース展開の予定〜

*1:写真は途中で遭遇したこけなお 笑

初めてのトレラン!  20,000円で飛行機乗るより、15,000円でトレラン始めない?

桜も終わり、新緑の季節がやって来ます。

こんな綺麗な自然の中を走ってみたくなりません?

 

f:id:hama78taka:20170421231841j:plain

(写真は四万温泉から草津温泉を走るスパトレイルでの風景)

 

すごい気持ち良さそうですよね!!

 

でもまだトレイルを走ったことのないそこのあなた!

 

なんでトレイル走らないんです?

 

その答えの多くって、

“ぶっちゃけ装備揃えるのがめんどくさい”

 これがかなり大きいと思うんですよね。

 

なので、今回は、フルマラソン完走レベルの人が、

5〜10月に、30km以下のトレランの大会に出るのに、必要な装備とお金

に関して書こうと思います。

 

まずは結論から。

 

15,000円で、バック と 靴 と 水 と 食べ物 を買え!!

 

※実際に大会に参加する際は、大会が定める規則に従ってください。

 

1 バック

必須度:★★★★★(必ず必要)

値段:5000円〜(専用のでなければ2000円〜)

ポイント:トレランでは絶対必要容量を要チェック!

 

f:id:hama78taka:20170421225028p:plain

いわゆる、トレランザックやバックパック、ランニングバック等と呼ばれるもの。トレイルではエイドが少ないため、水分や補給食を運ぶバックが必要です。

 

気をつけたいのはバックの容量。30km以下なら、「5〜10リットル」を目安にするといいと思います。私も、初めて大会に出る際に5リットルのザックを買い、2年経って50km以上の大会に出る際に13リットルのザックを別に買いました。

 

容量に関しては、http://camcom.jp/?mode=f28 も参考になります。

 

2 トレランシューズ 

必須度:★★★★☆(あった方が良い)

値段:7000円〜

ポイント:汚れるから普段と別に、ちょっと安全なシューズを履こう!

 

f:id:hama78taka:20170421225055p:plain

シューズは普通のランニングシューズでも大丈夫ですし、軽さを重視して通常のランニングシューズで走る人もいます。

 

ただ、

  1. 普通のランシューは汚れるから嫌だ
  2. サポートがしっかりしている靴の方がちょっと安心

という2点でトレランシューズを履くことをお勧めします。

 

靴選びは履いてみないとわからないと思うので、一度、御徒町のアートスポーツに行って店員さんに相談してみるのをお勧めします。駅近で行きやすい上に、トレイルグッズの品揃えが最も充実している店の一つです。

 

マラソン出身の人は「ロードも走りやすいトレランシューズ」を注文すると、そこまで違和感なく穿けると思います。

 

3 ハイドレーション

必須度:★☆☆☆☆(初めてなら必要ない)

 

f:id:hama78taka:20170421225306p:plain

 

こんな感じで、チューブから手軽に水が飲めるよ、というものです。

 

「こまめな水分補給が億劫にならない」のが魅力ですが、正直初めてトレイルに参加する人は不要です。普通にペットボトルで大丈夫です。大会の規定に従って0.5〜1リットル程度の水やポカリを持ちましょう。2回目以降大会に参加する際に、欲しくなったら買うといいと思います。

 

4 補給食

必須度:★★★★★(必ず必要)

値段:数百円

 

f:id:hama78taka:20170421225518j:plain

 

途中でエイドもありますが数は多くないので、ジェルを2,3個持つと良いです。マラソン用と差はないです。別に普通のおにぎり等でもOK。前もって気合い入れて買わなくても大丈夫です。

 

5 その他

熊鈴(値段:100〜数百円)、携帯コップ(値段:100~数百円)、地図、絆創膏、等は大会が公表する必携品に従って準備しましょう。100円ショップで買えるものも多いですし、大体大会会場でも買えるので心配しなくて良いです。

 

まとめ

20,000円で飛行機乗ってマラソン遠征行くなら、15,000円でちゃんとしたトレランザック(6000円)とトレランシューズ(8000円)とその他必携品買って、トレイル行こうよ!

マラソンの楽しみの幅が増えるよ!!

 

f:id:hama78taka:20170421224113j:plain

 

 

以下、おまけとしてトレイル初大会参加のQ and A コーナーです。

 

Q 初めてトレイルの大会に出るのに、事前の練習は必要ですか?

A フルマラソン完走の実力があれば、特別な練習はいらないです。上りは基本歩くので、フルマラソよりよっぽど楽です。

 

Q トレイルグッズが充実しているオススメの店は? 

A 御徒町のアートスポーツ2Fが充実している上に、入りやすい雰囲気でオススメです。安く済ませたいときは、価格.comなども適宜併用しましょう。

 

Q 上り坂を走るのが苦手ですが、大丈夫ですか?

A 大丈夫です。サブ3ではない一般人だと「上りは基本歩き」です。なぜなら走っても無駄に体力使うだけで全然進めないから。なので、マラソンでの上りの得意不得意は関係ないです。ただ、「上り坂を歩くのすら絶対嫌」という人はちょっと向いてないかもしれないです。

 

Q 初トレイル、どんな大会がお勧めですか?

A 「複数距離のコースが設定されている大会」がオススメです。慣れてて長い距離を走る人と一緒に大会に参加できるメリットがあるから。自分が過去に参加した大会だと、白馬忍野、戸隠、熊野古道野沢温泉、あたりは30km以下の距離設定もあり、オススメの大会です。

 

Q バックや靴等を準備しないで大会に来てしまいました、、、

A 大丈夫です。多くの大会では大会会場で必要装備(靴、バック、補給食、等)は売っています。勿論事前準備しておいた方が心の準備ができて良いですが、「最悪買い揃えられなかったら、大会会場で買えばいいや」くらいの気持ちでも大丈夫です。

 

 

マラソン大会と個人情報漏洩

「マラソン大会に出場することは、個人情報を垂れ流すことである」

と言っても過言ではない。

ゼッケン番号・名前・年代・出身都道府県・所属・完走タイム・ラップタイムはだいたい大会のパンフレットやHP等で公開される。

また、多くの大会ではall sports 等で写真撮影が行われている。

基本的にゼッケン番号での写真検索が主だが、ゼッケン番号はその他個人情報と結びついている訳で、顔と名前の個人情報はマラソン大会に参加した時点で結びつき、ネットに垂れ流していると思った方がいい。

そして普通の顔だけじゃなくて、走り方とか、辛い時にどんな顔するかまでも 笑

現在のところ有効な対処の方法はall sportsを避けて走る、せめて目線取られたくないのでサングラスかけるくらいの方法しかないのではないだろうか。

自分はあまり気にしないが、冷静に考えるとちょっと嫌だなと思う人は一定数いそうである。

そう考えると、各種SNSで名前やタイムや顔を隠してマラソン大会の写真をupするのは、SNSの垢バレを防ぐという意義以外はなく、無駄な労力ともいえるだろう。

完全に無駄とまでは言わないが、マラソン大会に出た時点で顔名前の個人情報はネットに垂れ流してる、と意識にとめておいても損はなさそうである。

 

 

考えないで走ること

「みんな何を考えて走ってるの?」

ランニングに関して多くの人が抱く疑問だと思います。

以下、原則として一人で走る状況を想定します。

【大会編】

1)タイム・ペース

目標タイムと実際のタイムの差、過去の自分のタイム、過去のホノマラーのタイムなど。

2)残り距離

残り5km頑張るぞ!とか残り89kmだ!とか。

3)フォームや身体の状態

身体と対話するっていうと無駄にかっこいい

4)給水・給食

大会では給水・給食計画は大事

5)標高や坂

トレイルでは距離よりも標高の方が参考になる。

練習では坂道の成立過程に思いを馳せる。

6)地名

〜交差点まで来た!〜山の頂上だ!といった具合。

7)他のホノマラーの位置

どこにいるか気になる。できればすれ違って声かけたい。

8)美女

練習で後つけたら不審者だが、大会なら合法的にストーカーできる

9)ゴール後何したいか

酒飲みたい、温泉入りたい、飯食いたい、の3択。

10)つらい 

なんでこんな大会出たんだろう。辛い。もう二度と出ない。

→なんとかゴール

→記憶美化

→懲りずに大会参加

もはやマラソンにおける様式美である。

 

【練習編】

大会編以外で考えることを。

11)練習メニュー

アップした後、インターバルも入れて、帰ったら筋トレして…etc

12)日々の悩み

悩みは尽きない。

13)ポケモンGO

ポケモンGOが身体活動量を増加させているという研究もあるとか

14)音楽

音楽聴きながら走る人も多い

15)信号

ひたすら信号に引っかからないようにジョギングする

16)定礎

ひたすらビルの定礎を探しつつジョギングしたこともある

17)樹種

通り過ぎる樹種を瞬時に当てる訓練をしたことがある

18)位置情報

こんなものもあります。ランニングならではの遊びだと思います。

matome.naver.jp

 

19)ジョグノート

ジョグノート等の練習日誌をつけている人

 

練習編を書いていったらキリがないのでこのあたりで。

前述の思考パターンは大きく分けて以下の3種類にざっくりと分けられると思います。

競技そのもの

1, 2, 3, 4, 5, 10, 11, 19

場所性

5, 6, 7, 13, 15, 16, 17, 18

その他

8, 9, 12, 14

タイム・フォーム・辛い等「競技そのもの」に関するものから、地名・標高・ポケモンGO・定礎・樹種・位置情報などの「場所」が関係してくるもの、悩み・美女等のマラソンに関係ないものまで本当に様々です。

他のスポーツと比較しても競技もしくは練習中に様々な角度から思考できることはマラソンの魅力の一つだと思います。

 

 

 

 

ところで、そんな堅苦しいことを考えずにぱーーっと走ることは、とても楽しいです。

適当に大学の近くをぱーーっと

仕事終わりに家の近くをぱーーっと

休日に山の中をぱーーっと

こういう走り方が自分は一番好きだったりします。

 

 

 

 

 

 

私がトレイルランを嫌いな10の理由

1)装備がめんどくさい

色々装備とか必要なんでしょ?

2)坂を走るなんて嫌だ

平地でさえ走るの辛いのに山走るとか辛すぎるでしょ

3)怪我しそうで怖い

崖から落ちたらどうするのあなた

4)クマや蜂が嫌い

スズメバチが発生しまくった大会あるみたいよ

5)エイドが少ない

山の中にエイドあるわけないでしょ

6)100マイル走るとか頭おかしい

トレイルは100マイルが標準って聞いたんだけど頭沸いてない?

7)雨が多い

山の天気は変わりやすいって言うじゃん

8)略語が意味不明

UTMFだかUTMBだかNMBだか知らんがな

9)距離表示がない or 適当

一定のペースで走れないし目安がわからん!

10)そもそも山より海が好きだ

山はジジくさい。若者は海っしょ。

 

ちなみに実際の私はトレイルランニングという競技がとても好きです。

物事には全て正の側面と負の側面があります。

トレイルランが嫌いな自分を仮定して書いてみました。

 

はじめに

シンプルに。論理的に。

走りに関することを

ざっくばらんに書いていきます。

更新は不定期です。